葬儀の常識!前田の日常

喪家側の服装と参列する側の服装

2017年11月28日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

喪家側としての服装では弔辞のときは基本正式礼装でしたが、近年男性の場合には通夜や葬儀、告別式では略礼装のブラックスーツ、女性の場合には通夜に洋装の正式礼装を着用しますが、葬儀と告別式では和装の正式礼装を着用しますが、洋装にする人も増えています。和装でも洋装でも格に違いはありません。参列する側では通夜でも告別式でも喪服ではなく地味な平服での参列でも可能です。平服の場合の注意する点は、男性の場合には地味なスーツと黒いネクタイと靴、女性の場合には地味なスーツかワンピースそして黒い靴を着用します。

続きを読む

死亡者数が多い時期と少ない時期に関して

2017年11月22日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1年を通じて考えてみるとお葬式がたくさんある月とあまり多くない月が存在します。葬儀が多くない月と言いますのは、詰まるところ死亡者数が多くない月と同義と捉えてよろしいといえます。非常に多い月につきましては、10月から3月であまり多くない月に関しましては、4月から9月頃と言われています。死亡者のベーシックな流れは、 4月、5月、6月というものは、 相対的に、お天気模様も良く、死亡者が多くないです。その反対に12月、1月、2月の冬のシーズンに関しては、 死亡者が多いといえます。

続きを読む


葬儀の常識!前田の日常 Copyright(C)www.maedanonitizyo-sogi.net All Rights Reserved.