葬儀の常識!前田の日常

宗教にとらわれない方法も増えてきている

2018年07月30日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本で執り行われることが多い葬儀のやり方としては仏教形式が主流です。しかし、神道やキリスト教形式で行われる場合も少なくありません。故人の信仰によって行われることが多く、亡くなられた方が信じていた信仰によって魂が救われるように、通夜・告別式・法事が行われることが一般的です。しかし昨今では無宗教の方法も増えてきました。自由葬と呼ばれ、読経や焼香を行う形ではなく、音楽や花によって亡くなった方を送る形をとるようになっています。

続きを読む

ネットでも購入することが可能なお墓

2018年07月27日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネットではあらゆるものを購入することができますが、お墓の墓石も販売されていることをご存知でしょうか。ペット用のこぢんまりとしたものから、本格的な和型や洋型のものまで多数取りそろえられています。例えば高級和型の青御影石でつくられた墓石は288000円で販売されており、送料無料で届けてもらえます。和型定番の8寸サイズで、重さは950キログラムとどっしりとしています。文字も彫ってもらいたいという場合には、オプションで見積もってもらうことが可能です。

続きを読む

直前になるまで予想が読めないから

2018年07月26日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お葬式をするには通夜や告別式を行う会場が必要になります。その会場のことを斎場ともいうわけですが、大昔はほとんど自宅だったところ、今の時代はほとんどは葬儀会社が所有している会館となっています。一部では自治体が運営する公営のところもあります。いずれにしてもそこで執り行うとなれば、予約というのをやらないとなりません。しかしその予約が近頃は一部の地域では対応が困難になってきてるといわれています。というのは今の時代は少子高齢化社会で、逝く人が増えてきたからです。

続きを読む

どんなふうに供養するか考えておこう

2018年07月14日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

突然、家族が亡くなった場合には、とりあえず葬式を済ませるだけで手一杯になってしまうことがあります。その後も香典返しや銀行などのお金の手続きなど、いろいろとやることがあるはずです。こうしてバタバタしている間に、あっという間に四十九日になることもあるでしょう。日常生活に戻るまでには多少の期間がかかります。まず、やるべきことをしっかり済ませることが大切です。葬儀が終わったら諸々のことを片付けつつ、納骨に関する準備も進めていきましょう。

続きを読む


葬儀の常識!前田の日常 Copyright(C)www.maedanonitizyo-sogi.net All Rights Reserved.