葬儀の常識!前田の日常

見積もりで葬儀の費用を詳しく把握可能

2018年10月30日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現在では多くの葬儀業者が見積もりを実施しており、支払うお金がどのくらいなのか詳しい内訳を教えてくれます。見積もりを活用することで葬儀の費用を把握することができ、お得な業者を選択できるようになります。一見同じように見える業者でも支払わなくてはいけない費用が異なっています。中には高額なお金を支払わないと対応してもらうことができない業者も存在しています。そのような業者を選択してしまうと経済的な負担が大きくなり、新たな問題を生み出してしまうので注意しなくてはいけません。

続きを読む

葬儀に葬儀委員長が必要な場合と必要ではない場合

2018年10月27日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仏教形式の葬儀を行うときには、代表として喪主を任せる方を決めなければいけないのは、誰もが知る事実でしょう。しかし、葬儀委員長となると、いる場合といない場合があるため、自身たちが行うときに困ってしまう可能性があります。基本的に委員長は、葬式をスムーズに進めるために、準備や手続きなどの必要なことを行う役割です。そのため、一般的な家庭が、普通の規模で葬儀を行う場合は、葬祭業の方が同じような役目を行ってくれるので必要ありません。

続きを読む

葬儀の形式というのは割と自由になっています

2018年10月10日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

葬儀というのは様々な形があるというのは間違いないわけですがさすがにパーティー方式ということはそんなに多いわけではないです。ですがないというわけでもないのでやろうと思えばできないことではないです。なぜかと言いますとそもそも葬儀というのは別に義務でやっているわけではありませんので好きなようなやり方をして構わないということになっているからです。やらなければならないのは火葬の方であり、葬式に関してはほぼご自由にやれるようになっています。

続きを読む

葬儀の際の供花の飾り方の方法とは

2018年10月08日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

葬儀の際に目にする花の中には、供花と呼ばれるものがあります。告別式やお通夜の時に、故人の供養のために会場に供えられている花であり、近年では輪の形になったものや籠タイプやプランターの形式のものもあり、自由度は増しています。葬式に参列できない人や、故人と近しい間柄だった人から贈られてくることになりますか、いざ自分が喪主になり供花を受け取った場合には飾り方が分からないという人が大半ではないでしょうか。花が届いたら、祭壇の中央に近い方から順番に故人と近い近親者など、遺族や親族、そして親しかった人、会社関係者というような順に飾っていくようにするのが基本となっています。

続きを読む


葬儀の常識!前田の日常 Copyright(C)www.maedanonitizyo-sogi.net All Rights Reserved.