葬儀の常識!前田の日常

告別式における壇上で挨拶を行う人の選定

2019年06月27日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

告別式では、壇上で挨拶を行う人が数名存在することがあり、人選を行うことが事前に展開されています。弔辞を読む人の選び方は、特定の方法や基準に絞られているわけではなく、様々な状況に合わせた選択が進められています。弔辞を読む人としては、親族の代表や親しかった人などが選ばれることがあり、故人の意向や遺族の考えの反映されることが多いのではないかと推測されています。弔辞を読む人を選ぶ際には、あらかじめ故人に近しかった人に依頼をかけることが一般的であると考えられています。

続きを読む

家族葬の特徴や執り行うメリットとは

2019年06月25日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高齢化や近所や親戚との付き合いが減ったなど、様々な理由から葬儀の規模が小さくなっている今の時代では、家族葬もごく身近で珍しいことではなくなりました。一般葬に比べるとトータル費用はかなり安く抑えることができるという、金銭面に関する利点が目立ちますが、実際のメリットはそれだけではありません。ごく身近な人ばかりということもあり、周り気を使う必要がないのでアットホームであり、精神的な負担も軽減させられるという魅力もあります。

続きを読む

忍耐な時間が要求される時代が来るかも

2019年06月23日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

葬儀を行う場合、今の時代ではどこかの葬儀社の葬儀場を使う場合が当たり前になっています。ところが今は少子高齢化社会だし、これからはますますその少子高齢化社会が進行するともいわれます。それのためにすでに大都会の一部地域などだと葬儀をしようとしても予約が満杯な状況が慢性化してきているといわれます。そうなると空き枠が出るまで忍耐強く待たないとならなくなります。さらに注意しないとならないのは空き枠は葬儀場だけの問題ではありません、葬儀を行うには儀式をしてくれるお寺の住職さんがいないと通夜は成り立ちません。

続きを読む

年中無休で対応してもられる便利なサービス

2019年06月09日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

死はいつ訪れるのか予想することができない場合が多く、多くの葬儀会社では年中無休で対応するサービスが実施されています。しかし年末年始という多くの店舗やサービスが休んでいる期間に家族や親戚が亡くなってしまったら、注意すべきポイントがいくつかあります。葬儀を行うためにはある程度まとまった金額の現金を用意する必要がありますが、金融機関が閉まってしまわないうちに現金を下ろしておくようにしてください。また遺体も通常よりも長い間安置しなければなりません。

続きを読む


葬儀の常識!前田の日常 Copyright(C)www.maedanonitizyo-sogi.net All Rights Reserved.