葬儀の常識!前田の日常

年末年始に葬儀屋を利用する流れ

2019年10月28日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人が亡くなるのはいつどのタイミングになるか、誰にもわからないことであり年末年始に亡くなる可能性もあります。一般的には年末年始に亡くなった場合は、三ヶ日を避け四日以降に葬儀を行うことになります。大半の火葬場は年末年始を休みとしているケースが多く、その期間は火葬を行うことができないからです。しかし葬儀業者は年中無休のとなっている場合も近年では多く、万が一の事態が起きた時には対応してもらうことはできます。

続きを読む

葬儀業者の休みの日を事前に確認しておこう

2019年10月21日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

葬儀業者の手配をするにあたっては、速やかに通夜や告別式の段取りを決めるために、各業者の営業時間や休みの日を調べることがとても大切です。大手の業者の中には年中無休で葬式の依頼を受け付けているところがたくさんあるため、短期間のうちに準備を進めることが可能です。一方、個人経営の業者の中には、土日祝日やお盆、年末年始などに休業日を設定しているところもあり、早い時期に担当者に問い合わせをすることがおすすめです。

続きを読む

基本知識として把握しておきたいお焼香のマナー

2019年10月18日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

葬儀参列時に慌てないためにも、基本知識としてお焼香のマナーを知っておくことです。自分の順番が来ても前の人のまねをすれば大丈夫と考えていても、いざ前に出ると前の人の行動を見たのにやり方に戸惑うことになります。親指と人差し指と中指、基本的には右手のこの3本の指を使う抹香を摘まみますが、たくさんとる必要はありません。摘まんだら今度は自分の目の高さあたりまで上げて、香炉へと今度は指をこすりつつ落とします。

続きを読む

一般的なお悔やみの言葉を知って挨拶をしよう

2019年10月15日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

通夜や葬儀に参列する時には、喪主や遺族に対してお悔みの言葉を使う必要があります。この時の言葉は、相手を気遣ったお悔みの言葉を使う必要があり、どのような言葉を使ったらいいのかと困ってしまう人もいるのではないでしょうか。この時の言葉は特別難しいことを考える必要はなく、一般的によく使われている言葉を使います。「この度はご愁傷さまでございます。心よりご冥福をお祈り申し上げます。」故人とそれほど親しくない場合は、このような一般的な挨拶だけで済ませるのが良いでしょう。

続きを読む


葬儀の常識!前田の日常 Copyright(C)www.maedanonitizyo-sogi.net All Rights Reserved.