葬儀の常識!前田の日常

失敗しない葬儀を実施するには話し合いが大切

2020年02月29日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どのような葬儀を求めているのか各々の遺族で異なっているので、業者としっかりと話し合いをしなくてはいけません。積極的にコミュニケーションを取ってくれる業者の場合、気軽に話をすることができ、理想の葬儀を実現しやすいです。しかしコミュニケーションをそこまで取らない業者もいるので、依頼を考えている遺族は見極めることが大切です。また失敗しないするには、業者のトラブル発生頻度を確認することが必要です。どんなに多くの実績を積み重ねていてもトラブルを頻繁に発生させている場合、利用することでトラブルに巻き込まれてしまう可能性が出てきます。

続きを読む

葬儀の後の食事にもマナーがあります

2020年02月25日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

葬儀の後は、食事をしたりお酒を飲む場が設けられるのが一般的です。これは昔から続いている日本文化の一つで、現在も受け継がれています。たとえば、通夜振る舞いといって、お通夜の後に遺族が振る舞う食事があります。通夜振る舞いは、魚や肉を含まない精進料理のような料理と、お酒が振る舞われるのが一般的でした。でも、現在はオードブルなど、参列してくれた人が気軽に食べることができる料理が用意されることが多いです。もしも通夜振る舞いをいただくことになったら、30分から1時間ほどで食べ終えて、宴会のようにだらだらと長居しないように気を付けましょう。

続きを読む

会費制の葬式を行う場合に気を付けたいこと

2020年02月04日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

会費制の葬式を行う場合には、一人ひとりの参列者の経済的な負担が大きくならないように、遺族間で相談し合って料金を決めることがポイントです。たとえば、食事を伴う通夜や告別式の手配をする際には、総額の費用が高額になりやすいため、じっくりと業者側と交渉をすることが大事です。特に、土日祝日や夜間の葬式などを計画したい時には、依頼先によって料金にバラつきが出やすいこともあり、慎重に見積額をチェックすることが肝心です。

続きを読む

コストが少なく行うことができる一日葬

2020年02月02日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

葬儀にも色々なスタイルのものがあります。かつてはお通夜と告別式を2日分けて行う一般葬儀が通常でした。しかし時代が進むにつれて、しだいに葬儀に対する価値観も変わってきました。そのニーズの一つに一日葬があります。これは、お通夜と告別式を同じ日にやってしまうという葬儀スタイルになります。お通夜ではお通夜振る舞いといって僧侶やお通夜に来て頂いた人に飲み物や食事を振る舞うというもので、この飲食費が結構お金がかかります。

続きを読む


葬儀の常識!前田の日常 Copyright(C)www.maedanonitizyo-sogi.net All Rights Reserved.