葬儀の常識!前田の日常

コストが少なく行うことができる一日葬

2020年02月02日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

葬儀にも色々なスタイルのものがあります。かつてはお通夜と告別式を2日分けて行う一般葬儀が通常でした。しかし時代が進むにつれて、しだいに葬儀に対する価値観も変わってきました。そのニーズの一つに一日葬があります。

これは、お通夜と告別式を同じ日にやってしまうという葬儀スタイルになります。お通夜ではお通夜振る舞いといって僧侶やお通夜に来て頂いた人に飲み物や食事を振る舞うというもので、この飲食費が結構お金がかかります。

このお通夜振る舞いは一日葬ではカットできるので、その分葬儀コストが少なく済みます。また式場利用料金も一日で済むので、これもコストカットすることができます。ではこうしたメリットがある葬儀スタイルをどこで頼むかという話になりますが、それは葬儀会社に頼みます。

ただし葬儀会社によっては一日葬を取り扱っていない所もありますので、まずは葬儀会社に確認が必要になります。各々の会社によってどういった葬式プランがあるかは、インターネットで簡単に情報を集めることができます。

これは事前に調べておきたいところです。葬式はいつ突然やってくるか分かりませんので、葬式をやることになってから慌てて探すよりも平時の際に事前に頼むところは調べたいおいた方が良いです。


葬儀の常識!前田の日常 Copyright(C)www.maedanonitizyo-sogi.net All Rights Reserved.