葬儀の常識!前田の日常

葬儀の費用を会費にする流れや利点とは

2020年05月20日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近年日本では葬儀に対する考え方は変化が大きく、従来の一般葬儀以外にも家族葬や直葬、音楽葬や生前葬など様々なスタイルが誕生するようになりました。いざ執り行うとなれば気になるのは、必要となるトータル費用はどの程度かという点です。

金銭面の違いは依頼する業者による違いもありますが、葬式の規模やプラン内容による違いもかなり大きいので、しっかり考えて選ばなくてはなりません。一般的には会葬者が香典を渡しますが、近年では会費制にする葬式を実施する人も増えています。

生前葬となれば会費制になるのは当然のことですが、一般的な葬式ではまだ珍しいスタイルと言えるのではないでしょうか。ですが、金額をあらかじめ伝えておくことで会葬者が香典を包む時のように、いくらにすれば良いか相場がわからず悩むということもなくなります。

訃報を伝える際に公電ではなく、参加者から会費をもらうスタイルにすることは伝えておくようにしましょう。その場合には、参列者は香典を持参する必要はないので、香典袋に包む必要もありません。今の時代だからこそ誕生した新たなスタイルであり、葬式を執り行う側も会葬者も双方が金銭面で頭を悩ませることがなくなる方法といえます。


葬儀の常識!前田の日常 Copyright(C)www.maedanonitizyo-sogi.net All Rights Reserved.