葬儀の常識!前田の日常

葬儀と一口にいっても様々なスタイルがある

2020年06月09日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

誰しもが、葬儀に関しては何度も経験したくはないはずです。お葬式の流れというのは宗教によって違いがありますし、手順も異なります。もちろん、費用も一般的なプランでオプションなどをつけないのなら、100万円からでも執り行えるでしょう。

最近ではもっとリーズナブルな費用で執り行えるプランも誕生しています。こうした葬儀の相談は、良い葬儀社を選ぶだけで解決できます。知りたい手順やマナーなどを含め、すべてフォローやサポートしてくれますから安心です。

生前に契約をしておく高齢者も増えています。安心のため、というのが第一にあるようですが、最近では家族葬からさらに簡易化、簡素化されたお葬式さえ執り行われています。身内もおらず、頼れる人が親友ただ1人というのなら、友人が簡素でも祭壇を用意したり、僧侶にお経を読んでもらう手はずを整えてくれるかもしれません。

斎場、会場も80人などの収容人数からではなく、おひとり様、ご遺族のみのお部屋も準備してくれています。もちろん、生前契約ならば、一般の白木祭壇で飾りつけるのもいいでしょうし、女性には洋花祭壇が人気を集めています。

白木祭壇よりも生の花を飾りつけるため、それだけ費用がかかりますが、後々、会葬者の方々に配る地域もあるようです。


葬儀の常識!前田の日常 Copyright(C)www.maedanonitizyo-sogi.net All Rights Reserved.