葬儀の常識!前田の日常

ビジネス関係の葬儀とマナーとは

2017年07月22日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビジネス関係の相手が亡くなり訃報を受け取った際にまず頭を悩ませることになるのが、葬儀に参列するべきかどうかではないでしょうか。ビジネス関係の場合には、訃報を受け取ったからといって必ずしも参列するべきとは限らないので気をつけなくてはなりません。

参列する際には個人的な付き合いがどうかという以前に、会社同士の関係性を重視しなくてはなりません。まずは誰が参列するのかを決めるようにしましょう。社葬や合同葬が執り行われるということは、それなりの役職の人ということであり、亡くなった人よりも立場が下の人が参列することは失礼に当たってしまいます。

同党の立場の人か、それ以上の人が参列するようにしなくてはなりません。一般的な葬儀と比較すると、規模も大きくなり仕事に関する人が多く参列しているのでマナーに関しは日頃の葬儀以上に気をつけておく必要があります。

マナー違反となれば、自分自身が恥を書くだけではなく会社の顔に泥を塗ってしまうことになります。故人との取引に影響を及ぼしてしまうだけではなく、参列している他の会社の人からも非常識な会社という認識をされてしまうことにもなり兼ねません。

身だしなみはもちろんのこと、会場では大きな声で話したり知り合いがいたからと行って挨拶をして話し込むことは避けるようにしなくてはなりません。その後のビジネスシーンにも大きく影響するということは頭に置いて起き、慎重に参列するようにしましょう。


葬儀の常識!前田の日常 Copyright(C)www.maedanonitizyo-sogi.net All Rights Reserved.