葬儀の常識!前田の日常

文章の長さや忌み言葉を避けることに注意

2017年07月23日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

比較的大きな葬儀では、参列者も多くなります。有名人などの場合は、参列者にも有名人が来ることが多くなります。式としては基本的な流れは同じですが、家族葬などではないようなことが間に入ることがありまs。その一つとしてお別れの言葉があります。

有名人の場合は、その人と親交の深かった他の有名人などが選ばれることが多いです。そこで使われた言葉が後々も語られることがあるくらい感動的な文章もあります。もし、依頼されたときには何に気を付けないといけないかです。

まずはどれくらいの長さの文章にするかです。文章の量よりも、何分ぐらいで読むことができるかで考えます。参列者には高齢者もいますから、できるだけゆっくり読むようにします。ゆっくり読んで、3分ぐらいで読み切れるような長さです。

400字詰めの原稿用紙であれば2枚ぐらいであれば十分でしょう。内容は、故人を悼む言葉から入ります。そして、自分との関係やエピソードなどをつづり、最後には遺族へのお悔やみの言葉、冥福を祈る言葉を入れます。

基本的には、まず自由に文章を作成しましょう。そして、その後に言葉のチェックをします。忌み言葉と呼ばれる言葉があり、あまり使ってはいけないとされています。死を連想させる言葉などは避けた方が良いとされます。自由に書くとその言葉が入ってしまうことがあるので、後で読み直して問題がないかを確認します。問題がある部分は修正をして、巻紙などに清書をしておきます。


葬儀の常識!前田の日常 Copyright(C)www.maedanonitizyo-sogi.net All Rights Reserved.