葬儀の常識!前田の日常

取引先の葬儀に関するマナーとは

2018年08月31日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビジネス関係の相手が亡くなった場合で、葬儀が執り行われるとなれば、相手の立場にもよりますが社葬が執り行われることもあり、その場合には訃報が届くのではないでしょうか。その場合にはまず、参列するべきかどうかを決めるようにしましょう。ビジネス関係で届く訃報は、参列して欲しいという意味ではなくお知らせという意味があります。上司に相談し、参列するべきか決めるべきです。参列する場合には、故人と同等の役者かそれより上の立場の人が参列することがマナーとなっているので気をつけなくてはなりません。

続きを読む

葬儀の時に流すBGMは故人の意見を尊重しよう

2018年08月30日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近は、いろいろなところに凝った、ドラマチックな葬儀も流行してきました。特に涙を誘う葬儀中のBGMの選曲に関しては、様々なものがあります。できることであれば、故人選曲のものを選んであげると良いでしょう。昔からその人が好きだった曲などを流してあげると、見えないところで喜んでくれるはずです。また、遺書に特定のBGMを流してほしい、などといったことを書く人も多い傾向にあります。その場合は当然ながら、その指示に従ってあげるようにしましょう。

続きを読む

社葬で告別式の担当者を決める時は

2018年08月22日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当然ながら、葬儀の1つの流れとして、告別式では代表者が挨拶をすることになります。ただ、場合によっては親族の人が代表するとは限らないので、覚えておきましょう。例えば、金銭的に余裕がなく、もしくは本人の希望として、勤めていた会社と合同葬をする場合は、会社の代表者が挨拶をすることもあります。社葬のやり方もいろいろあるので、よくわからないときは、担当の葬儀業者に相談に乗ってもらうのが1番です。百戦錬磨の様々な葬儀に精通しているような業者であれば、ノウハウや、話の進め方等をすべて教えてくれるでしょう。

続きを読む

社会人に適した葬儀の服装の選び方

2018年08月05日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

葬儀の際の服装の選び方に迷っている社会人は決して少なくありませんが、他の参列者の印象をよくするために、色やデザイン、生地などに気を遣うことがおすすめです。また、礼服だけでなくネクタイやカフス、ハンカチなどの小物の使い方にもこだわることも大切です。最近では、冠婚葬祭の様々なシーンに活用できる礼服の販売が行われている店舗も増えており、専門のスタッフから予算や体型に合ったアイテムをいくつか提案してもらいましょう。

続きを読む


葬儀の常識!前田の日常 Copyright(C)www.maedanonitizyo-sogi.net All Rights Reserved.