葬儀の常識!前田の日常

お別れの会を開催するメリットやスタイル

2019年03月27日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

葬儀は一般葬で故人と縁があった多くの人が参列するというのが、一昔前のスタイルであり、遺族は顔なじみがない人もいることも珍しくはありませんでした。しかし近年では、規模の大きな葬儀を望まない人が増えている傾向にあり、家族葬や密葬を選択したり、中には直葬という選択をする人もいます。ですが、実際には参列したかったという人が多いとなれば、そういった人たちに対して別れをする機会の場を設けておくことも大切です。

続きを読む

喪主になった場合は招待者に式の日程を伝える

2019年03月23日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

親族が亡くなった場合には、自分が喪主をしなければいけない場合もあります。特に自分の親が亡くなった場合は、基本的にその子どもが務める事になるので、人生でいつかは担当することになります。そこで、喪主になった場合は、葬儀の準備をしていく必要がありますが、式に招待する人に式の日程などの詳細を連絡する必要があります。特に数日以内に式を行う時には、すぐに招待者を決めて式の詳細を伝える必要があります。そこで、どのように伝えて行けば良いかですが、基本的に電話がお勧めです。

続きを読む

供花を贈るときはマナーを守ることが重要です

2019年03月17日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

供花は故人の霊を慰めて、哀悼の意を表すことができます。さらに、祭壇をお花で飾ることで遺族の悲しみを和らげるという意味も込められています。親族や大切な人の葬儀に供花を贈るときは、マナーを守ることが大切です。葬儀の供花はフラワーショップに依頼すれば手配できます。フラワーショップには葬儀の会場に届けられるスタンド花がたくさん揃っていますので、じっくり選んで手配しましょう。このとき一つだけ覚えておきたいのは、バランスが崩れないように配慮しながらお花を選ぶことです。

続きを読む

供花を一から花屋で選んで配送するまで

2019年03月13日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

葬儀において故人を弔う気持ちを示す供花。一般的には葬儀会社に直接依頼し用意してもらう場合が多いですが、中には自分で一から十まで手配したいという方もいるでしょう。やりたい気持ちはあるけれど、どうしたらいいか分からないという方のために、ここでは花屋で供花を用意する方法をご紹介します。まず最初に、葬儀社に確認をとります。葬儀社によっては他社経由のものを受け付けない場合があるからです。ここでNGが出た場合は素直に諦めましょう。

続きを読む


葬儀の常識!前田の日常 Copyright(C)www.maedanonitizyo-sogi.net All Rights Reserved.